マンションでドコモ光をWi-Fi環境を作るには

 

自宅にドコモ光を利用した時にWi-Fi環境を作りたいですよね。

Wi-Fiがあれば無線で様々な端末がインターネットに繋がるようになります。

しかし、これをどうすればいいかわからないと言う人はいます。

 

 

もしかしたらあなたもそうかもしれませんね?

安心してください、Wi-Fiはどうしたらいいかわからないと言う人は少なくありません。

 

実際、何をどうしていいかわからず工事を完了してから3ヶ月以上もインターネットを利用していない人もいるくらいです。

この記事ではマンションでドコモ光のWi-Fiをりい要する方法について解説します。

 

Wi-Fi環境を作るにはWi-Fiルーターが必須

まず、自宅でWi-Fi環境を作るのに絶対に用意しなければいけないものがあります。

それはWi-Fiルーターです。

 

 

これがないとWi-Fiを利用できません。

ドコモ光の工事が完了した後にはONU(光終端装置)が設置されていますが、これは光信号をインターネットに変換する装置なのでルーターではありません。

 

 

このONUからWi-Fiルーターに接続することでWi-Fiを利用できるようになります。

 

ひかり電話を利用している場合はホームゲートウェイにWi-Fiの機能がある場合も

 

ドコモ光で固定インターネット光回線だけでなくひかり電話も利用している場合はホームゲートウェイが設置されます。

ホームゲートウェイはひかり電話ルーターのことです。

 

 

これにWi-Fiルーターの機能が備わっているものが多いです。

ない場合は拡張カードを刺すことでWi-Fiが利用できるようになります。

 

Wi-Fiルーターはプロバイダからレンタルできる

Wi-Fiルーターは家電量販店などで購入することができますが、プロバイダからレンタルすることができます。

ここで注意して欲しいのが、有料レンタルの場合は購入した方がいいです。

 

 

例えば月額500円なら1年間で6000円で、2年間で12000円です。

これなら買った方が安くすみます。

レンタルする場合は無料でWi-Fiルーターをレンタルできるところからにするといいでしょう。

 

またWi-Fiルーターの性能はピンキリです。

通信速度が遅いものや届く範囲の狭いものもあります。

 

 

そのためレンタルする場合も慎重になった方がいいです。

できることなら無料で高性能Wi-Fiルーターをレンタルできるところがおすすめです。

そんな都合のいいことあるわけがないと思うかもしれませんが、それがあるんですよ。

 

 

GMOとくとくBBにすれば高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます!

そのため、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが最もおすすめです。

コメントを残す